腰痛でお困りなら日高市の整体院 六葉-ROKUYO-

ブログ

2024/07/11(木)

脊柱管狭窄症について

カテゴリー:腰痛

 
脊柱管狭窄症って何?

まずは脊柱管狭窄症について基本的な知識を身につけましょう。

基本解説:脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、背骨の脊柱に存在する管が狭くなる症状のことを指します。脊柱は背骨のことであり、その中を脊髄や神経が通っています。脊柱管狭窄症では、この脊柱の中の管が狭窄(せまく)してしまい、脊髄や神経に圧迫が生じます。

脊柱管狭窄症は加齢とともに発生率が上昇する傾向があります。これは、背骨や周囲の組織が変性し、脊柱管が狭くなってしまうためです。一般的に、50歳以上の人によく見られる症状とされています。

脊柱管狭窄症による主な症状は、足の痛みやしびれ、歩行困難です。脊髄や神経への圧迫により足に症状が現れるため、足に関連する不快な感覚を感じたり、歩行中の不自由さを経験することがあります。

では、なぜ脊柱管狭窄症が起こってしまうのでしょうか?その主な原因は、2つに分けられます。一つは遺伝性の要素です。生まれつき脊柱管が狭い人や、脊椎の骨が変形しやすい人は、脊柱管狭窄症になりやすい傾向があります。

もう一つは生活習慣の影響です。長時間の座り仕事や重いものを持つ作業、姿勢の悪さなどが脊柱管狭窄症の原因となることがあります。これらの要素が脊柱に負担をかけ、結果的に脊柱管の狭窄を引き起こすことがあります。

脊柱管狭窄症は一度発症すると、自然に治癒することはほとんどありません。しかし、適切な治療や予防策を取ることで、症状の進行を抑えることができます。次に、脊柱管狭窄症の診断方法や治療法について詳しく見ていきましょう。

脊柱管狭窄症の発生率

脊柱管狭窄症の発生率は加齢とともに上昇する傾向があります。特に50歳以上の人に多く見られる症状です。現代社会では長寿化が進んでおり、高齢者が増える一方で脊柱管狭窄症の患者数も増加傾向にあります。

その理由として、加齢により背骨や周囲の組織が変性することが挙げられます。背骨の骨や軟骨は年を重ねるごとに変化し、脊柱の柔軟性や強度が低下します。また、関節や靭帯も変性し、背骨の安定性が損なわれることがあります。

これにより、脊柱の関節が不安定になり、脊柱管が圧迫されやすくなります。加齢に伴う脊柱の変性は、脊柱管狭窄症の発生にとって重要な要素となります。

また、生活習慣も脊柱管狭窄症の発生率に関与しています。座り仕事や長時間のデスクワークが増えた現代社会では、脊柱に負担をかける姿勢が増えています。さらに、運動不足や身体の筋力低下も脊柱管狭窄症のリスクを高める要因とされています。

専門家による調査では、40歳以上の人の約40%が何らかの脊柱管狭窄症の特徴を有しているとされています。また、60歳以上の人の約80%が脊柱管狭窄症の症状を抱えているというデータもあります。

脊柱管狭窄症の発生率の高さと、高齢化社会の進行により、この症状への理解や対策がますます重要となっています。次に、脊柱管狭窄症の原因や症状について詳しく解説していきましょう。

脊柱管狭窄症の原因

なぜ脊柱管狭窄症になってしまうのか、その主な原因を解説します。

遺伝性の要素

脊柱管狭窄症の一因として、遺伝性の要素が指摘されています。遺伝性の脊柱管狭窄症は、生まれつき脊柱管が狭い人や脊椎の骨が変形しやすい人に見られることがあります。

まず、脊柱管が狭い人は、背骨の形状や発生の過程に関わる遺伝子の変異が原因となります。これにより、背骨の骨や軟骨が正常に成長せず、脊柱管が狭くなってしまう可能性があります。

また、脊椎の骨が変形しやすい人も脊柱管狭窄症になりやすい傾向があります。脊椎の骨は背骨の基本的な構成要素であり、正常な形状を保つことが重要です。しかし、一部の人では遺伝子の影響により骨の成長や形状が異常になることがあります。その結果、脊柱管が狭くなり、脊柱管狭窄症の症状が現れることがあります。

遺伝性の脊柱管狭窄症は、個人の遺伝子や家族の歴史に大きく影響される症状です。特に、親や兄弟姉妹に脊柱管狭窄症を持つ人がいる場合、遺伝的要素が関与している可能性が高くなります。しかし、遺伝子の変異や影響は一様ではなく、複雑な相互作用によって引き起こされることもあります。

遺伝性の要素が関与する脊柱管狭窄症では、予防や対策の方法についても考慮する必要があります。定期的な健康チェックや遺伝相談を受けることで、早期に症状の発見や適切な対策を行うことが大切です。次に、脊柱管狭窄症のもう一つの主な要因である生活習慣の影響について解説していきましょう。

生活習慣の影響

脊柱管狭窄症のもう一つの主な原因は、生活習慣の影響です。現代社会では、長時間の座り仕事やデスクワークが増え、身体活動量が減少する傾向があります。これにより、脊柱に負担がかかり、脊柱管狭窄症の発症リスクが高まることがあります。

長時間座り作業を行うことは、脊柱に対する負荷を増加させます。同じ姿勢で長時間座っていると、脊柱が不自然な曲げや圧迫を受けることがあります。特に背中や腰の筋肉の緊張が長時間続くと、脊柱の負担が一層増加し、脊柱管狭窄症のリスクを高めます。

また、重いものを持つ作業も脊柱の負担を増やす要因となります。重い荷物を持つ際には、背中や腰の筋肉が過剰に緊張し、脊柱にストレスがかかります。長期間にわたって重いものを持ち続ける場合には、脊柱の変性や脊柱管狭窄症の発症リスクが高まることがあります。

さらに、姿勢の悪さも脊柱管狭窄症に悪影響を与えます。正しい姿勢によって脊柱は適切に負荷を分散することができますが、姿勢が悪いと脊柱への負担が増え、脊柱管狭窄症の発症リスクが高まります。特に、前かがみの姿勢や背中を丸める姿勢は、脊柱に不適切な圧力をかけるため、脊柱管狭窄症の発症につながる可能性があります。

これらの生活習慣の影響は、誰もが抱える可能性のあるリスク要因です。しかし、適切な予防策や改善策を取ることで、脊柱管狭窄症のリスクを軽減することができます。次に、脊柱管狭窄症の主な症状について詳しく解説していきましょう。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の主な症状について解説します。

足の痛みやしびれ、歩行困難

脊柱管狭窄症では、足の痛みやしびれ、歩行困難などの症状がよく見られます。これらの症状は、脊髄や神経が脊柱の狭窄した部分に圧迫されることによって生じます。

足の痛みやしびれは、脊髄や神経が圧迫されることにより、足の血流や神経信号の伝達が妨げられるため生じます。足の痛みはしばしば局所的で、特に脛や太もも、膝の後ろ側に感じられることがあります。この痛みは、歩行や立ち上がりなどの活動によって増強されることがあります。

また、足のしびれも脊髄や神経の圧迫によって生じ、脊柱管狭窄症の典型的な症状の一つです。足のしびれは通常、足の裏側や足の指に現れ、チクチクした感覚やピンとした感じを伴うことがあります。しばしば、しびれが進行すると足の感覚が麻痺してしまい、歩行困難を引き起こすことがあります。

さらに、脊柱管狭窄症によって歩行困難が生じることもあります。脊柱の狭窄が進行すると、脊髄や神経にかかる圧力が増大し、足の筋力や協調性に影響を与えることがあります。その結果、歩行時に足の力が十分に発揮できず、歩行が不安定になることがあります。歩行困難の程度は個人差がありますが、長距離を歩くことや階段の昇降などが難しくなることがあります。

これらの症状が脊柱管狭窄症によって引き起こされるため、早期の診断と適切な治療が重要です。次に、脊柱管狭窄症の診断方法について詳しく見ていきましょう。

腰痛

脊柱管狭窄症によって引き起こされるもう一つの主な症状は、腰痛です。腰痛は脊柱の特に下部に痛みが生じることで特徴付けられます。

脊柱管狭窄症による腰痛は、脊柱やその周囲の組織に圧迫が生じることによって発生します。脊柱の狭窄によって脊髄や神経が圧迫されると、腰の筋肉や靭帯の緊張が増加し、腰痛を引き起こすことがあります。

腰痛は、腰の下部や尾骨周辺から感じられることが一般的です。痛みの程度は個人差がありますが、一時的な痛みやぎっくり腰のような急性の痛みから、慢性的な痛みまでさまざまな形態を取ることがあります。

腰痛は日常生活に影響を与える可能性があります。痛みのために座ったり立ったりすることが難しくなったり、物を持ち上げる際に痛みや不快感を感じたりすることがあります。また、腰痛によって姿勢や歩行が制限されたり、身体活動が制約されることもあります。

脊柱管狭窄症による腰痛の治療や管理には、保存的な治療法が用いられる場合があります。痛みの軽減を目指すために、痛み止めの薬の服用や湿布、リハビリテーションなどが推奨されることがあります。また、脊柱の狭窄が重度である場合や保存的治療の効果がみられない場合には、手術治療が検討されることもあります。

腰痛は脊柱管狭窄症の典型的な症状の一つであり、早期の診断と適切な治療が重要です。次に、脊柱管狭窄症の診断方法について詳しく解説していきましょう。

脊柱管狭窄症の診断方法

脊柱管狭窄症はどのようにして診断されるのでしょうか。その方法を見ていきましょう。

問診と身体検査

脊柱管狭窄症の診断は、医師による問診と身体検査から始まります。問診では、患者の症状や痛みの性状、症状の始まりや進行の経過などについて詳しく聞かれます。

医師は症状の特徴や患者の状態を把握するため、患者がどのような痛みを感じているのか、症状がどのような状況で悪化するのかなどを質問します。また、痛みやしびれの場所や範囲、持続時間、日常生活への影響なども問診の対象となります。

身体検査では、医師が患者の体を触診したり、特定の動作をさせたりして症状の検査を行います。例えば、神経の状態を評価するために、足の感覚や筋力、反射などを確認します。また、特定の動作や姿勢によって症状が悪化するかどうかを確認することもあります。

問診と身体検査によって、症状の特徴や痛みの原因の可能性が絞り込まれます。しかし、これだけでは診断が確定するわけではありません。診断を確定するためには、画像診断が必要となります。

次に、脊柱管狭窄症の診断を確定するための画像診断について詳しく見ていきましょう。

画像診断

脊柱管狭窄症の診断を確定するために、画像診断が行われます。画像診断は、具体的な脊柱の状態や脊柱管の狭窄の程度を確認するために行われます。

一般的に、MRI(磁気共鳴画像)やCT(コンピュータ断層撮影)が使用されます。これらの画像技術を用いて、脊柱の詳細な構造や組織の状態が観察されます。

MRIは、脊柱や脊髄、神経組織などの柔軟な組織を詳細に視覚化することができます。脊柱の骨や軟骨の変形や圧迫の程度、脊柱管内の脊髄や神経の圧迫状態などを明確に捉えることができます。

一方、CTは、骨の詳細な構造や変形を観察するために使用されます。脊柱の骨や関節の状態、骨棘(こつきょく)の形成や脊柱管の狭窄具合などを評価することができます。

これらの画像診断によって、脊柱管狭窄症の診断が確定されます。医師は、画像診断の結果を基に、脊柱の状態や脊柱管狭窄の程度を判断し、適切な治療方針を立てることができます。

画像診断による診断結果は、患者と医師のコミュニケーションにおいても重要な役割を果たします。患者に対して確かな診断結果を伝え、治療方針を適切に共有することは、適切な治療を行う上で欠かせません。

次に、脊柱管狭窄症の治療法について詳しく解説していきましょう。

脊柱管狭窄症の治療法

さて、診断が下ったらどんな治療法があるのでしょうか。それを見ていきましょう。

保存的治療

脊柱管狭窄症の軽度な症例では、保存的治療が適用されることがあります。保存的治療は、症状を軽減させるために非手術的なアプローチを用いる方法です。

保存的治療の一つとしては、痛みの軽減を目的とした薬物療法があります。痛み止めや非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの薬を処方されることがあります。これらの薬は、炎症を抑えたり、痛みを和らげたりする効果があります。

また、局所的な痛みの軽減を目的として、湿布やクリームを使用することもあります。これらの薬剤は、痛みを感じる部位に直接塗布することで、一時的な痛みの軽減を図ります。

さらに、リハビリテーションや理学療法のプログラムも保存的治療の一環として行われます。これには、筋力トレーニングや柔軟性の向上を目的としたエクササイズ、姿勢の改善などが含まれます。これらのアプローチは、脊柱周囲の筋肉の強化やバランスの改善を促し、脊柱の負担を軽減することが期待されます。

保存的治療の目的は、症状の軽減や活動の制限の改善です。症状が改善し、通常の日常生活に支障がなくなる場合には、手術を回避することができる場合もあります。しかし、保存的治療が効果を示さない場合や症状が進行している場合には、手術治療が検討されます。

ただし、保存的治療は個人によって効果が異なる場合があります。医師の指導のもと、適切な治療計画を立てることが重要です。次に、脊柱管狭窄症の重度の場合や保存的治療で改善が見られない場合に行われる手術治療について詳しく解説していきましょう。

手術治療

脊柱管狭窄症の重度な場合や保存的治療で十分な改善が見られない場合には、手術治療が検討されることがあります。手術は脊柱の狭窄を解消するために行われる最も効果的な方法の一つです。

手術治療の方法は、脊柱の解剖や症状の重さによって異なります。一般的な手術方法には以下のようなものがあります。

まず、脊柱の一部を切除する手術が行われることがあります。これは脊椎弓切除術と呼ばれ、脊柱の一部を切り取ることにより脊柱管の狭窄を解消します。狭窄している部分を取り除くことで、脊髄や神経への圧迫を軽減することができます。

また、脊柱に留置物(ステントやディスク等)を挿入する手術もあります。これは脊柱の安定性を保ちながら脊柱管を拡張することで、脊柱管の狭窄を解消します。留置物は変形した脊柱をサポートし、脊柱の負担を分散する役割を果たします。

手術治療の目的は脊柱の狭窄を改善し、脊髄や神経にかかる圧力を軽減することです。手術を受けることで、症状の緩和や日常生活の制約の改善が期待されます。

ただし、手術治療には一定のリスクや合併症の可能性があるため、慎重な判断が必要です。手術を検討する際には、医師の指導や専門家の意見を参考にし、自身の症状や生活への影響を考慮しながら判断することが重要です。

手術治療は脊柱管狭窄症の重症化や症状の悪化を予防し、患者の日常生活の質を向上させる可能性がある方法です。しかし、手術を行う前に保存的治療を試したり、専門医の意見を仰ぐことが推奨されます。

次に、脊柱管狭窄症を予防する方法について詳しく解説していきましょう。

脊柱管狭窄症を予防するには?

脊柱管狭窄症は予防することは可能でしょうか。その方法について解説します。

生活習慣の改善

脊柱管狭窄症を予防するためには、生活習慣の改善が重要です。以下に、生活習慣の改善によって脊柱管狭窄症のリスクを軽減する方法を紹介します。

まず、長時間の座り仕事やデスクワークを行う場合は、適度な休憩と運動を取り入れることが大切です。長時間同じ姿勢を保つことによって脊柱に負担がかかり、脊柱の変形や脊柱管の狭窄を引き起こすことがあります。定期的な休憩を取ることで姿勢を変え、筋肉を緩めることができます。また、適度な運動を行うことで脊柱の柔軟性や強度を保つことができます。

姿勢の改善も脊柱管狭窄症の予防に効果的です。正しい姿勢を意識し、背筋を伸ばして座る、立つときには胸を張るなどの行動を心掛けましょう。悪い姿勢は脊柱に不自然な力をかけ、脊柱管狭窄症の発症リスクを高める可能性があります。

さらに、適度な運動を日常生活に取り入れることも重要です。運動不足は脊柱の筋力や柔軟性の低下を招き、脊柱にかかる負荷を増やす可能性があります。日常生活での軽い運動やストレッチ、ウォーキングなどを定期的に行うことで、脊柱の健康を維持することができます。

また、体重の管理も脊柱管狭窄症の予防につながります。過剰な体重は脊柱にかかる負荷を増やし、脊柱の変形や狭窄を引き起こす可能性があります。健康的な体重を維持するためには、バランスの取れた食事と適度な運動を組み合わせることが重要です。

生活習慣の改善は、脊柱管狭窄症の予防において重要な役割を果たします。適度な休憩と運動、正しい姿勢の維持、適度な運動、体重の管理などを意識することで、脊柱の健康を保ち、脊柱管狭窄症のリスクを低減させることができます。

次に、脊柱管狭窄症を抱えた人が日常生活で気をつけるべき点について解説していきましょう

体重管理

脊柱管狭窄症の予防や症状緩和において、体重管理が重要な役割を果たします。体重が過剰であると、脊柱にかかる負荷が増加し、脊柱管狭窄症のリスクを高めることがあります。そのため、適切な体重管理を心掛けることが大切です。

まず、食生活の見直しは体重管理の基本です。バランスの取れた食事を心掛け、栄養豊富な食品を摂取することが重要です。食事の量を適切にコントロールし、過剰なカロリー摂取を避けるようにしましょう。また、野菜や果物、穀物など食物繊維を豊富に含む食品を積極的に摂取することで、満腹感を得ながらカロリーを抑えることができます。

適度な運動も体重管理の一環として重要です。適切な運動量を保つことで、代謝が活性化し、脂肪の燃焼が促進されます。日常生活での軽い運動や有酸素運動(ウォーキング、水泳、サイクリングなど)、筋力トレーニングなどを組み合わせることで、体重の制御や筋力の強化が期待できます。ただし、無理な運動や急激なダイエットは身体に負担をかける可能性があるため、適切な指導の下で行うことが重要です。

また、睡眠の質やストレスの管理も体重管理に関係しています。十分な睡眠を心掛け、ストレスを溜め込まないようにすることで、ホルモンバランスの調整や食欲のコントロールに役立ちます。

体重管理は脊柱管狭窄症の予防や症状緩和にとって重要な要素です。適切な食生活、適度な運動、睡眠とストレスの管理を通じて、理想的な体重を維持しましょう。これにより、脊柱への負担を軽減し、脊柱管狭窄症の予防や症状の進行を防ぐことができます。

次に、脊柱管狭窄症を抱えた人が日常生活で気をつけるべき点について解説していきましょう。

脊柱管狭窄症と日常生活

脊柱管狭窄症を抱えた人がどのように日常生活を送るべきか、その生活の工夫点について解説します。

適度な運動を

脊柱管狭窄症を抱えた人にとって、適度な運動は重要な要素となります。適切な運動を行うことで、脊柱の筋力や柔軟性を維持し、脊柱管狭窄症の予防や症状の軽減に役立つ場合があります。

まず、適度な有酸素運動を取り入れることが大切です。ウォーキング、水泳、サイクリングなど、心拍数を上げつつ長時間持続できる運動が適しています。有酸素運動は全身の筋肉を使い、脊柱の血流や栄養供給を促進する効果があります。さらに、脂肪の燃焼や体重の管理にも寄与します。

また、筋力トレーニングも重要な要素です。脊柱周辺の筋肉を強化することで、脊柱の安定性を高め、負荷を軽減する効果が期待できます。特に、腹筋や背筋などの中心となる筋群を鍛えることは、脊柱のサポートに役立ちます。リハビリテーションプログラムや専門家の指導の下で、正しいフォームと適切な負荷で筋力トレーニングを行いましょう。

ストレッチも重要な要素です。脊柱周辺の筋肉や関節の柔軟性を高めることで、姿勢の改善や脊柱の動作範囲の拡大につながります。日常生活での簡単なストレッチ運動やヨガなどを取り入れることで、脊柱の健康維持に貢献できます。

ただし、適切な運動を行うためには、個人の状態や制限事項を考慮する必要があります。医師や専門家の指導のもとで安全かつ効果的な運動計画を立てることが重要です。急激な運動や無理な負荷は逆効果になりかねないため、無理せず無理なく行うことがポイントです。

適度な運動は脊柱管狭窄症の予防や症状の緩和に貢献します。心身の健康を維持し、脊柱の柔軟性や強度を促進することで、脊柱にかかる負担を分散して脊柱管狭窄症の進行を防ぐことができます。次に、脊柱管狭窄症を抱えた人が日常生活で気をつけるべき点について解説していきましょう。

立ったり座ったりを意識する

脊柱管狭窄症を抱えた人が日常生活で気をつけるべき点の一つは、適度に立ったり座ったりすることです。長時間同じ姿勢を続けることは、脊柱に負担をかけ、症状の悪化を引き起こす可能性があります。適度な運動と同様に、姿勢の変化を意識し、定期的に立ったり座ったりすることが重要です。

立ったり座ったりすることによって、脊柱の負荷を分散させることができます。長時間同じ姿勢をとることによって脊柱にかかる圧力が集中し、脊柱管狭窄症の症状を悪化させる可能性があります。適度な間隔で座り仕事やデスクワークをしている場合は、15〜30分ごとに立ち上がって体を動かすことがおすすめです。例えば、休憩時や仕事の合間にストレッチを取り入れるなど、脊柱に負荷をかける時間を分散させることが大切です。

特に、立つことが痛みの軽減につながる場合があります。脊柱管狭窄症では、立位にすることによって脊柱の負担が軽減され、症状が緩和される場合があります。長時間座っていると痛みが増す場合には、できるだけ頻繁に立ち上がるようにしましょう。

姿勢にも注意を払うことが大切です。正しい姿勢を保つことで脊柱への負担を軽減し、脊柱管狭窄症の症状の進行を防ぐことができます。背筋を伸ばし、頭と背中をまっすぐに保つように意識しましょう。特に、長時間座る際には椅子の背もたれを活用し、背中をしっかりと支える姿勢を保つようにしましょう。

立ったり座ったりを意識することで、脊柱にかかる負担を適度に分散させることができます。定期的な立ち座りや正しい姿勢の維持によって、脊柱管狭窄症の症状を軽減し、日常生活の質を向上させることができます。

最後に、この記事では脊柱管狭窄症の予防や症状の緩和に向けた情報を提供してきました。脊柱管狭窄症に悩む方や予防を考えている方にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。ぜひ日々の生活に役立ててください。

まとめ

この記事では、脊柱管狭窄症について詳しく解説しました。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は、背骨の脊柱に存在する狭い管が圧迫される症状です。脊柱は背骨のことであり、その中を脊髄や神経が通っています。脊柱管狭窄症では、脊柱の中の管が狭窄し、脊髄や神経に圧力がかかります。

脊柱管狭窄症は、加齢や遺伝、生活習慣の影響などが原因とされます。加齢により脊柱組織が変化し、脊柱管が狭くなる傾向があります。また、遺伝的な要素も関与しており、生まれつき脊柱管が狭い人や骨が変形しやすい人に起こりやすいと言われています。さらに、生活習慣の中での長時間の座り仕事や姿勢の悪さも脊柱管狭窄症のリスクを高める要因となることがあります。

脊柱管狭窄症の主な症状には足の痛みやしびれ、歩行困難、腰痛などがあります。これらの症状は、脊髄や神経への圧迫によって引き起こされます。

脊柱管狭窄症の診断には問診や身体検査、画像診断が利用されます。診断が確定した場合、保存的な治療や手術治療が選択肢となります。保存的治療では、薬物療法やリハビリテーションなどを行い、症状の緩和を図ります。重度の場合や保存的治療で改善が見られない場合には、手術治療が検討されます。

脊柱管狭窄症は生活習慣の改善や適切な運動、体重管理などによって予防や症状の軽減が可能です。早期の診断と適切な治療が重要であり、医師の指導のもとでの対応が不可欠です。

最後に

最後に、脊柱管狭窄症に悩む方や予防を考えている方にとって、この記事が役立つ情報源となれば幸いです。

脊柱管狭窄症は、年齢や遺伝の要素から発症することが多い病気ですが、生活習慣の改善や適切な運動、体重管理などの対策を行うことで予防や症状の軽減が可能です。加えて、早期の診断と適切な治療も重要です。症状の変化や悪化を感じた場合には、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。

脊柱管狭窄症に悩む方やその家族は、専門医や医療スタッフと連携しながら、最適な治療プランを作成することが重要です。専門的なアドバイスや適切な治療法を提供してくれる医師に相談することで、より良い結果を得られることでしょう。

また、脊柱管狭窄症の症状や治療法を理解することで、自身や家族の健康管理に役立てることもできます。この記事は、基本的な情報を提供し、理解を深める一助となれば幸いです。

脊柱管狭窄症は多くの人々が悩む病気ですが、適切な知識と行動を持つことで予防や対策が可能です。日常生活での姿勢や運動習慣の改善、体重管理に気を配ることは、脊柱の健康維持のために重要です。

最後に、この記事が少しでも脊柱管狭窄症に悩む方や予防を考えている方にとって有益な情報源となれば幸いです。脊柱管狭窄症と向き合い、専門医の指導のもとで最適な対策を講じることで、健康な生活を送ることができます。健康との共存を目指しましょう。

 

 

 

 

通常初回施術費8,000円のところ

初回限定特別価格1,980円
(税込)

7月31日(水)まで 先着5名様限定割引 

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-7733-7300

【受付時間】10時~21時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は10時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。